スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
09/29*本日の榮堂
2010 / 09 / 29 ( Wed )
本日は、遠方からの方をお迎えして午前中からの榮堂。
いつも午前中はぼんやり気味なので、気合いを入れていきました!
2010-09-29.jpg
あいかわらず、何を着ようかその日の朝。
なんとなく、モノトーン気分で。
濃い藍の絣の単衣に、モノトーンな紬の八寸帯。
でもトコトン、シンプルにはまとめられない私…よく見ると可愛いモンが今日のテーマ。
淡い紫ベースの古布を帯揚に、リボンで作った四分紐には、シェルのマーガレット帯留を通して。
マーガレットの季節は終わってますので、この子、今時期は菊だなっと。

+++++

遠方からいらしてくださるので、2時間ではもったいないので3時間レッスンでした。

初めての場合は、持ち物の点検、説明から、最終的に何をいつまでに着れるようになりたいか、など、ご希望を確認してから始めます。
全く着るのが初めての方でも、最初に一度、説明をしながら自分で手を動かしてもらって、襦袢、着物、帯まで一通り纏って頂きます。
そうすると、自分の着姿の最終形があらかじめ分かるので、次から細かいポイントなどを説明しながらいくと、この作業をするから、その前にコレをする、など思い描くことができるので、比較的早く着ることができるようになります。

基本的に、「こうだから、こうする」と理論的に説明しますので、納得がいき、頭に残りやすいと好評。
そして、榮堂ではテキストなど書いたモノを使いません。
メモは、レッスンが終わった後に、家に帰ってから、やったことを思い出しながら書いてもらいます。
レッスン中に書いちゃうと、書いたことで納得、満足してしまって、結局やったことを覚えていないんですよね。
終わった後、シュミレーションをしながらメモを作ってもらうと、分からないところや曖昧にしていたところがはっきりと分かるので、復習になります。

また、鏡を見て着付けをしません。
鏡を見るのは、襦袢を着た後、着物を着た後、帯を結んだ後の3回のみ。
鏡に頼らない着付けに慣れておくと、困ることが減ります。

内容は、その方に合わせていかようにも。
こんな感じで榮堂では、その方に合わせてレッスンをしています。

+++++

本日のおやつ(ちょうどお昼時になったので、お昼ご飯!)

* 土鍋釜炊きご飯
* 林檎の豚肉巻きトマト煮込み(金時豆とエノキ入り)
* ご飯のおとも(自家製新生姜の佃煮、塩昆布、高野山のたまみそ)
* 豆腐と揚げの味噌汁
* 水出しほうじ茶

*トマトの甘納豆
*岐阜 玉井屋の焼き鮎


スポンサーサイト
本日の榮堂 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
<<10/07*本日の榮堂 | ホーム | 09/25*本日の榮堂>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。